2016年4月24日 (日)

下関長府金屋町の誌絵菜

4月6日に下関長府金屋町に誌絵菜をオープンして、もうすぐ3週間です。外装や内装、いろいろ準備に時間をかけていたせいか、もう1年も経ってる感じがしますが、まだ3週間!。これから夏に向けての作品づくりや、紹介等を手がけてまいります。天気の良い日に撮った長府金屋町の町並みと誌絵菜です。

Img_1870

Img_1862

http://shiena.blog.bbiq.jp/

プロモーションとギャラリーの長屋・誌絵菜

下関市長府金屋町6−2 TEL.083-245-0087


2016年3月12日 (土)

誌絵菜4月オープン

いよいよ新しいことを始めます。昨年夏より構想を練っていて、いよいよ来月4月にオープンいたします。今まで仕事で出会った作家さんの方々、デザイナー、イラストレーター、プランナー、写真家、また、お世話になった様々な企業のクリエイティブを紹介する場、これからさらに出会う方々とのつながりをさらに深める場に、そして新しいものを生み出す場に。提案、プロモーション、作品の販売も自由にできる場にしたいと思います。名は「誌絵菜」しえな。場所は下関市長府金屋町。西国街道・山陽道の長府宿場。お近くに来られた際はお気軽にのぞいてください!

2016_shiena_open_2



2016年1月21日 (木)

お友達のサロン

2016_0121_blog_1_3

おすすめのサロンです!福岡市東区のアロマテラピーサロン「アンスリール」さんです。アロママッサージ&痛くない脱毛ならアンスリールさんへ。

http://ameblo.jp/unsourire-c/

Dsc_6950x

Dsc_6783

2015年6月 3日 (水)

ARITA 400 project

久々にデザインの話です。農業や写真のことが最近多めになっていましたので!佐賀県窯業技術センターの友人からいただいた、有田焼のプロモーションのための冊子です。これは巨大で片面がA3判なので見開きでA2というサイズ。有田焼は来年2016年に400年を向かえます。そして次の100年に向けて、様々なプロジェクトが現在進んでいます。この冊子は主に海外プロモーション向けに制作されたもので、オール英語版。写真を中心としたプロモーション紙は、主にこの巨大なサイズのものが多いのですが、このクオリティーは久々に見ました。

プロデュースはKEN OKUYAMA DESIGN。そう、あの奥山清行氏

http://www.kenokuyamadesign.com/main/

有田エピソード2、次の100年に向けて

http://arita-episode2.jp/ja/index.html

こちらもご覧ください。ヒストリーにあるムービーの制作はチームラボです。こちらも美しいです。佐賀県には仕事で良く行きますが、近く私もあるプロジェクトの試作相談で有田に行きます!

Img_0907


2014年8月 7日 (木)

阪九フェリーの新型 進水式

久々に三菱造船下関です。

通勤途中の対岸(門司)から造船の様子が見えますので、

いつごろ進水式がありそうか想像できます。

進水式の日を聞いたところ7月31日(木)とのことで、尋ねた日は7月27日だったので

ギリギリでした!勘が当たった!それも、今回の船はそうとう大きい。

今回の進水式の船は、阪九フェリー発注の新型船で2015年1月就航予定の大型フェリーです。

では、写真で進水までの様子をどうぞ。

一般客の観覧のためにいつもの門が開門になるのが今回は10時15分でした。

開門時の様子。

Dsc_0409

工場内を抜けると見えてきました。

ここまで船の先が来てるということは確かに大きい。

Dsc_0412

船の先だけでも、目の前は鉄の壁ですね。

こんなものを作るんですから人間の力はすごい。

どうやって支えてるんだ??と、いつもの疑問です。

Dsc_0416

レンズはこれでも18ミリなんですがね〜

この入りきらないデカさ。

よくみると先端の水を切る形状が新しいですね。

やっとデザインの話にもつながります。

推進を良くするために戦艦大和では球状の形の船首が採用されています。

球状の船首をバルバス・バウと言いますが、この形はさらに新しく感じます。

まだ幕がかかっていますが、幕の下に船名があります。

命名は「いずみ」でした。

Dsc_0421

さて、命名の後はいよいよ進水式のメイン、確認作業の後、支綱の切断です。

釈由美子さんが切断。

通常、船主さんのお嬢さんがよく支綱の切断をされてます。

今回は阪九フェリーのイメージキャラクターということで出席されてました。

Dsc_0436

支綱の切断がされると大きな鉄の壁が目の前を動き出し、海へと入っていきます。

新しい船の誕生の瞬間です。

この瞬間を見たくて、いつも進水式に来てます。

Dsc_0438

Dsc_0440

Dsc_0442

Dsc_0447

いかがですか!

三菱造船下関へ船の誕生を見に来られては!

このフェリーと同型の第2船の就航が4月ですから、11月頃に進水式があるのでは

と思われます。既に横のデッキで建造中でした。

2014年7月31日午前11時15分「いずみ」誕生





2014年5月30日 (金)

CulCul 6月号

最近は写真の方にかたよってましたので、そろそろデザインの話です。

2013年5月より発行しています北九州市芸術文化振興財団 発行のCulCulの制作に

私も参加しており、毎月の表紙を担当しています。

芸術、文化情報の発信を目的とした冊子ですが、北九州にも素敵な場所があることを

紹介できればと思っています。

2014年6月号の表紙は北九州市立文学館のステンドグラスです。

(小倉北区勝山公園内)市立図書館と隣接しています。

このステンドグラスは建築家の磯崎 新 氏がデザインしたものです。

磯崎 新 氏の設計建築物は北九州市内に数カ所あります。

調べて探訪してみるのもいいですね!

Culcul2014_6


2014年3月28日 (金)

桜の見ごろ(小倉)

小倉の桜は今が見ごろ。

年度末と消費税アップ前で桜のことはすっかり忘れていました。

気付くと満開です!

まだ桜見物には間に合いそうです!

楽しいお花見をどうぞ。

Dsc_9104

Dsc_9107

2014年2月20日 (木)

若戸大橋模型70分の1

先日、若戸大橋イベントに参加した時に会場ホワイエに初披露されていた若戸大橋の模型です。70分の1のスケールで見事なものです。2012年に若戸大橋50周年記念写真集をデザインさせていただいたとき模型と同じような橋の下の点検用通路の写真がありました。この模型のクオリティーは驚きの技術です。

Wakato_b_70_1_a

Wakato_b_70_1_b



2013年11月18日 (月)

2013年 和みの遊び展

2013_nagomino_asobi_dm

2013年の和みの遊び展がもうすぐ開催。

毎年5月または6月に開催していました、

組ひも、きもの、帯、手描友禅の先生方の作品の展示と販売が

12月7日(土)から16日(月)まで、下関市長府の長府庭園で開催されます。

私も組ひものキーストラップを数年前に買ったのですが

さすが日本の伝統の技、まったく紐のほころびなし。

今年の長府の紅葉もちょうど良い頃だと思います。

創作小物を見て楽しみ、長府の城下町と紅葉も楽しみにお出掛けしませんか!

長府庭園/下関市長府黒門東町8番11号下関市立美術館うら(駐車場有り)

TEL.083−246−4120

長府庭園の入園料が必要です。一般200円、小中学生100円

庭園の紅葉もお楽しみください!

 ↓2013年作品をアップしました。(12月8日撮影)

Dsc_8314

Dsc_8129

Dsc_8142

Dsc_8144

Dsc_8330

Dsc_8332

Dsc_8272

2013年4月 9日 (火)

2013年クレア展

2013_crea_12013 crea

今年も北九州総合デザイナー協会主催の会員展に出展しました。
今回は近年のデザインをまとめたものです。
また、展示会会場では特別イベントとしてデザイン相談会を開催しました。
見覚えのあるものをまとめてみましたが、
デザイン相談で、あることに気付きました。
どの世界も業界人といわれるプロの方々がいますが
私達もプロとして扱われ、それらの世界では当たり前や、当然のような
知識、スキルを持っていますが、
相談される方々が持つ共通の悩みは、
「どう相談したらいいのかわからない」という
これはとても重要な悩みでした。
チラシ等のデザインは、頑張れば自分たちでできてしまう今。
さらにお客さんを増やしたい、イメージを良くしたい、
という一つ上のステージに上がりたい場合、どうすればいいのか
どういうふうに相談をすればいいのかがわからない・・・・
という悩みを聞きました。
もう少し、デザインの裾野を広げ、
もっと解りやすく、楽しく、素敵に、伝わる、
デザインを教えていかなければと思いました。

味覚は9歳で出来上がるという話を聞きました。
美意識、感覚、デザインも9歳までには教えてあげたいですね。
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 03/2009

Illustrator

お世話になっています

DIDE facebookpage

TOSHIHIKO KAWAMURA facebook

DIDE WORKS

長府金屋町 誌絵菜