2018年12月14日 (金)

動物園のデザイン

Design_of_the_zoo_2

動物のいる環境をデザインするということは・・・・

あらためてデザインという言葉の意味をとらえる

それは「計画・立案」とある

現在のビジネスにおいて「デザイン思考」を取り入れる、など

新たな切口としてデザインを重視した製品開発や見直しが多くの現場で

すすめられている。

さて、では動物のいる環境をデザインするとなった場合である。

まず想像できる動物のいる環境とは「動物園」「水族館」「ペットショップ」

そして次に想像できるのが、動物を見る人へのデザイン。

動線であったり、植物との調和、見やすい工夫、楽しい演出、休憩スペース、

建築、インテリア、グラフォック、全てのデザインアイデアを使って

動物のいる環境が作られる。

これって、動物たちは過ごしやすいの?

ここで、動物たちのための環境をデザインすることが始まる。

Dsc09066

しかし、デザイナーにとって大きな壁がある

商業デザインにおいては、デザインアイデアのベースとなるものは

マーケティングデータ、好み、流行、イメージ、ブランドイメージ、

コンセプトのセッティングなど具体的なエレメントからデザインプランに

進む事ができるが、動物のための環境をデザインするエレメントとは

20166059

動物に関して科学的な知識と経験が必要である

こんなサル山をデザインしたらきっと楽しく遊ぶだろう。

こんな水辺を作ったら気持ちよく過ごせるだろう。

こんな立体空間を作ったら元気に動き出すだろう。

考えたら当然である。無知なデザイナーが作ったものが通用するはずがない。

じゃあ、サルに聞くか?

話せたらそれは重要なアイデアを引き出せるだろう。

デザイナーにも多くの動物に関しての専門的な知識が無いと

動物のための空間デザインはできないということがわかる。

20166147

専門家と協力してデザインする

野生の生息域に移住して体験学習する。それも可能かもしれないが

アイデアをデザインし、カタチにするデザイナーには

そんな余裕はない。

可能性としては専門家と共同でデザインすること。

これらは既に様々な専門分野においてデザイナーの関わり方として

デザイン思考とは別の動きでデザインによる問題解決を

専門分野ではすすめている。

動物のいる環境もいよいよデザイナーが必要となってきている。

Rimg1610

もっと早くから動物専門のデザイン教育をする

動物専門学校も今日多く開校されている。

その科目に動物環境デザインは存在するだろうか。

動物飼育を体験する年齢で既に動物のいる環境デザインについて

学んで、未来のデザイナーたちが将来、世界から注目される日本の

高水準な動物環境デザインによる動物園が誕生してもいいと思う。

その推進ができるのが国立動物園という機構なのかもしれない。

12b63e47383040218f0eee9fbb769a73

80e41aa083a348e1a4aa69835b6e7a37

2018年4月29日 (日)

ゆかたの撮影でふたたび多久和さんへ

3月にトークで使用しました多久和さんで今回はゆかたの撮影です。和の空間がゆかたを雰囲気よく見せてくれますね。書のイベントなどこれからもたくさん催しがあるようです!またよろしくお願いします!

Img_4717

Img_4734

025

2018年2月 7日 (水)

3月10日北九州の古民家ギャラリー多久和さんでトーク

お知らせです。3月10日(土)に北九州の古民家ギャラリー「多久和」さんで仕事についてのトークと、おにぎりと北九州の美味しいおかずを食べながらのワークショップと美観、捉え方、視点、カタチへのしかた、創作へのネットワークづくりなど楽しく伝えたいイベントを開催します。定員は30名様まで。まだゆとりがあります!!これは、ふくおかひとつなぐプロジェクトの第1回のステージア。福岡の様々な分野の方々をピックアップして、出会い、つながりから、可能性の引き出しに新しい価値と、しあわせを詰め込むことを考えてプロジェクトを作りました。プロジェクトアイコンは「引き出し」。おばあちゃんの箪笥の引き出しのような、あたたかな心が入っているような「引き出し」。ちょっと覗いてみませんか?!

お問合せ・お申込は、ふくおかひとつなぐプロジェクト事務局(片山)

080−6464−7951

2018_0310_fukuhito_kawamura_a

2018_0310_fukuhito_kawamura_b

2017年9月20日 (水)

九州デザインサミット2017in長崎

先日長崎へ行ってまいりました。九州デザインサミット2017in長崎が9月16日(土)に開催され、当日は長崎居留地まつりも開催されており、東山手にある町並み保存センターにて午前中は「新しい観光とデザインを考える」ワークショップに参加し、午後からはデザインサミットに参加しました。長崎らしい内容でローカルとデザインについて、また観光とデザインについて、歴史や地域遺産の活用、高齢化する地域の活性化、若者たちの地域資産活用のリノベーション例など、とても参考になりました。長崎は仕事でもよく訪れていますのでこれからの長崎がとても楽しみです。港町であり、三菱重工業など下関との共通点も多いので参考になる観光とデザインの仕組みがたくさんありました。台風が迫る中でありましたが無事に参加できて良かったです!

Img_3836

Img_3814

Img_3817


2017年7月 4日 (火)

日本酒「むかつく」発売されました

今日は6月末に発売された日本酒「むかつく」の話です。「むかつく」って聞くと「あ〜ムカついた!」みたいな言葉を思い出されますが、この「むかつく」は山口県長門市油谷の「向津具半島」のことです。立ち並ぶ朱色の鳥居で有名になりました「元乃隅稲成神社」「美しい棚田」のある半島です。美しい自然と楊貴妃伝説も残る「むかつく」の銘で生まれた新しいお酒は「三好」を製造販売されている阿武の鶴酒造から発売されました。そのラベルの銘の書を私の妹が担当しました。黒のベースに箔の書と楊貴妃の顔はとても印象的です。まだ味わっていませんが楽しみです!純米大吟醸「むかつく」よろしくお願いします!

Dsc_0166

Dsc_0169

Img_3104

美しく広がる海と向津具半島(萩方向) 


2017年6月 3日 (土)

無添加のハニーナッツ

6月に入りました。もうすぐ田植えで現在田んぼの準備中です!今日は無添加のハニーナッツのご紹介です。デザインの話ばかりでは面白くないでしょうから、運営している下関長府金屋町の誌絵菜で取り扱いをしている商品の一つを今日は!これは山口大学の学生たちが作ったNPO法人の学生耕作隊・楠クリーン村さんの商品です。活動は山間部の農業支援や商品開発・販売などいろいろ。そこで作られているハニーナッツです。試食をしましたが、とても美味しいです!賞味期限がとてもナイーブ!ですので誌絵菜でお取り寄せ・販売をしています。気になる方はそうぞ!下関・長府金屋町・誌絵菜で検索ください!

Dsc_0006

Dsc_0025

Kusunoki_clean_mura


2017年5月24日 (水)

米づくりが始まりました

今年も米づくりが始まりました。田んぼの場所は下関内日の中でも山から湧き出る水をそのまま使って作れる場所にあります。この上ない!この田んぼの上には山しか無い田んぼです。6月9、10、11日頃に田植えの予定です。最近では小中学校でも農泊農業体験も盛んです。TOKIOのザ!鉄腕!DASH!!のおかげでしょうか、農業に興味を持ち始めた方々が増えてきていいことだと思います。

Img_3384

Img_3397



2017年3月24日 (金)

DIDE運営の誌絵菜 主催 ムホホ!イラストレーション展

3月1日から7日までDIDEが運営している下関長府金屋町のプロモーションとギャラリーの長屋・誌絵菜の会主催の「ムホホ!イラストレーション展」を開催し無事終了いたしました。設営等で長府の誌絵菜のお店に在中できなかった日がありましたこと申し訳ございませんでした。期間中は多くの方が会場のリバーウォーク北九州市民ギャラリーにご来場いただきました。期間中はワークショップコーナー、絵を描いてみようコーナー、イラストでしりとり、など作家さんとともにお客様も楽しめたようです。ありがとうございました。4月に入りましたら誌絵菜はオープン1周年記念の展示とイベントを開催いたします!長府の誌絵菜でもイラストレーション展を開催します!どうぞよろしくお願いいたします。

Dsc_3432

Dsc_3426

Dsc_3418

Dsc_3409

Dsc_3372

Dsc_3374

Dsc_3377

Dsc_3378

Dsc_3389

Dsc_3392

Dsc_3405

Dsc_3423

Muhoho_illust_0221

Muhoho_illust_fly_u_0227

2016年10月31日 (月)

11月からの誌絵菜

明日から11月です。運営するプロモーションとギャラリーの長屋・誌絵菜では11月18日(金)から京都丹後の逸品織物を展示販売いたします。じまんの品揃えで下関長府の誌絵菜で展示販売をされるのは「京都丹後きもの処いけ部」様です。じまんの品揃えで、着物好きさんに嬉しい手の届くお値段でご満足していただきたいとおっしゃっています!ぜひ下関長府の誌絵菜へ!

2016_1104_refresh

Img_1887上の写真は今年4月末に見せていただいた素晴らしい反物ですの



2016年9月29日 (木)

久々・デザインのはなし

何だか記事も月いちの感じになってますが、デザイン、農業、ギャラリーと多忙でありましてこのような結果になっているわけですが、久しぶりにデザインのはなしになりそうです!10月1日(土)・2日(日)に門司港レトロ中央広場にて北九州カレー王座決定戦2016なる食のイベントが開催されます。そのイベントに私のお客様が出場!となりまして、当日も朝からお手伝いでイベントのセッティングに入ります。そのイベント用にと、また今後の利用の展開も考えてスタッフさんのTシャツ、のぼり、店舗幕のデザインをいたしました。会場でどんな感じになるか楽しみです!天気になればいいんですけど、今年は台風や秋雨が多くて困ってます。お客様のカレーの特徴はというと「国産牛すじのやわらか煮込み」。美味しいですよ!ぜひ当日は行列に並んでください!牛すじカレー専門店「うまぶち」さんです。お店は(北九州市小倉北区魚町3丁目4−17)北九州カレー王座決定戦2016

T_syatsu_xx

Nobori_x

Maku_x




フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 03/2009

Illustrator

お世話になっています

DIDE facebookpage

TOSHIHIKO KAWAMURA facebook

DIDE WORKS

長府金屋町 誌絵菜