« 2011年11月 | メイン | 2012年1月 »

2011年12月27日 (火)

トリップにどっぷり7

大変です!

トリップのレンズが外れてしまいました。まさかレンズが外れるとは・・・・・。まるで一眼レフの交換レンズのように外れてしまったのです。ボディの中から締め付けてある小さなボルトが緩んでしまったようですね。確認してみると4箇所のボルトの穴。これが全て緩んでしまったということですね。さすが良く設計してあります。緩んだボルトは落ちて紛失することなくボディの暗闇でシャカシャカと遊んでおります。は~・・・・。さて、どうするか。

修理は嫌いではないが、どちらかというと改造の方が好きな方ではあるが、特別情報を拾うことなく、とりあえずアプローチしてみるか・・・。ということでココからは記録をしていた写真とともにどうぞ。

Img_0060

ボディの上部(軍艦部分) は1つ小さなネジがあるのでそれを緩めます。

外部表面に露出しているネジが少ないというのはすごいですね。今のデジタルカメラなど外部表面にネジがいくつあることやら・・・。当然1つのネジで固定されてるはずはありません。探してみます。フィルム巻上げクランクの手巻きの下に2つ隠されています。

その前に、中央に見えているクランクの手巻き部分のネジを外さないといけませんね。解体には部品を外していかないといけませんので、ポイントで写真を撮っておいた方が安心ですね。それと外した順に、工夫して部品を並べておくことですね。

ピンセットを使う時には部品を弾かせて紛失しないようにしないと一気に修理熱がさめてしまいますので・・・・。無理をしないことですね!次にクランクの巻き取りを外しますが、これも大きなネジみたいになっていますので簡単に緩める方法は、ウラ蓋を開けてクランクの軸にフィルムをセットするための切り込みにピンセットの軸を差し込んで巻き取り部分を回せばネジみたいにはずれます。

Img_0063

大きなネジみたいですね。

これをはずせばあとは2つの小さなネジをはずすだけでボディの上部は外せます。シャッターボタンは置いてあるだけですので、注意して失くさないようにゆっくり外します。現れたのはそう複雑でない配線とシャッターユニット、フィルム巻上げユニット。

これらユニットは壊れてはいないので、そのまま手はつけません。作業性のため、フラッシュの配線は切って、後でまたハンダ付けします。たぶん、作業している間に切れると思います。

Img_0064

左に空いている穴がフィルムクランクの軸穴です。その右がファインダー。

ファインダーの上には黒い紙で覆いがされています。ファインダーを掃除する場合にはここまで分解しないとアプローチできません。その右がセレン光電池からの情報を感知するメーターです。このTRIPはセレンもメーターもかなり感度がいいですね。その右の茶色のギアがシャッターチャージのためのギアです。その右の黒い大きな歯車が手でコキコキ回すフィルム巻上げですね。

ついでなので、ファインダーもキレイにします。

さて、問題のレンズはどんな風に固定されていたのか・・・・。

Img_0067

上の写真は前面の革をとっています。実はレンズが固定されていたネジはこのユニットの奥にあり、シャッター固定のユニットを外し、再度レンズを固定するためにはこのユニットを外さないといけません。そのためにボディ外装の前面の革を剥ぎ、シンクロターミナルがある前面のプレートと右のプレートを外さないとレンズ固定のユニットまで外せません。

レンズ固定の方法は4つ空いた小さな穴の向こうから小さなボルトでレンズを固定しています。プレートと中央のユニットを全て外すと小さなネジが4つ落ちていました。

さて、事は簡単です。レンズを固定すればいい!

ってなワケに簡単にはまいりませんでした・・・。

固定しても何かがおかしい・・・。シャッターが動かない・・・。レンズを外し、シャッターの動きを観察します・・・。どうもシャッターユニットについている小さな軸でレンズ後ろの金属幕を動かしていますね・・・。

表現するとしたら、シャッターが切れると同時に金属幕を「ゆさぶる」!この表現でいいのか?!・・・・。よく思いついたな、と思える機構です。

とにかく、この組み立ての工程は当時の生産工場でもやっていたはず。

挑戦します!!

5度目の挑戦でうまくセットできました!シャッターも完璧に連動する・・・。

このまま一気にタタミかけるぞ。

できました。外装は革が無く無骨なTRIP35ですが復活しました!

Img_0074

あとは革を張り替えて新しくしますか!

気に入った色柄がなかなか無く、ダイソーに手帳のカバーでいい感じの革フェイクを発見。105円で手に入れて、ココからは楽しい改造です。

Dsc_0005

できました~。

次回のトリップにどっぷり8ではやっとフラッシュOLYMPUS T20の写真となりますか!!

2011年12月 6日 (火)

マルマルモリモリ

Dsc_0478_2 Nikon D40+Ai NIKKOR 35mm F2.8S

自転車で回覧板をご近所に(次がなぜか遠い!)渡しに行く途中、

自分で作ったのでしょうか?穴にハマッて気持ちよさそうな

マルマルモリモリなネコを発見しました。

石垣の下、南側なので一日中暖かいんでしょう。

Dsc_0494

お見せするほどの物でもない自転車です。(MBK)

蛍光オレンジ~ピンク~ムラサキへと、けっこう好きなグラデーションです。

チューブのキズを先日ペイントしようと、ホームセンターで蛍光のピンク、オレンジ、白の

3色を買い、色を作ってペイントしましたが・・・これが難しい!!

シートチューブのほとんどを塗っていますが、3度目でやっとピッタリに色が

作れました。全部外してオールペイントした方がラクかも・・・。

走行100キロ以内でゆるりと写真撮りながら走っている自転車です。

重いです。12.0kgちょうどあります・・・。

まだどこか軽くできるだろうって?それは私の体重でしょう・・・。

フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 03/2009

Illustrator

お世話になっています

DIDE facebookpage

TOSHIHIKO KAWAMURA facebook

長府金屋町 誌絵菜