« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月28日 (火)

2010 no shime

Dsc_0273 Nikon D40+TAMRON SP 350mm 06B

今年も思うままに写真を撮り、絵を描き、いろいろ思うままに書いてきました。

コンパクトなボディに発色の良い処理エンジン、古いNIKKORが無改造で

マウントできますので、ついNikon D40の出番が多い年となりましたが、

2011年も変わらずに撮って、描いているとおもいます。

携帯電話にカメラ機能が付加されて、また簡単に撮れるデジタルカメラの影響で

キッズからシルバーまで写真を撮ることが日常になってきましたね。

難しい操作のカメラやクラシックなフィルムカメラはまだ手を出し辛い方も

いらっしゃると思いますが、記憶する箱は何であれ、

素敵な思い出を残すものには、違いはありませんね。

私が撮った写真の一番古い記憶、それは小学6年生の時の大分別府にある山下湖。

自分が押したシャッターは、タイムマシーンのスイッチだと

大人になって気がつきました!

2010年12月20日 (月)

恋人がサンタクロース

Koibitoga_santa_c

昔 となりのおしゃれなおねえさんは
クリスマスの日に 私に云った
今夜 8時になれば サンタが家にやって来る

ちがうよ それは絵本だけのおはなし
そういう私に ウィンクして
でもね 大人になれば あなたもわかる そのうちに

恋人がサンタクロース
本当はサンタクロース つむじ風追い越して
恋人がサンタクロース
背の高いサンタクロース 雪の街から来た

あれから いくつ冬がめぐり来たでしょう
今も彼女を 思い出すけど
ある日 遠い街へと サンタがつれて行ったきり

そうよ 明日になれば 私も きっとわかるはず

恋人がサンタクロース
本当はサンタクロース プレゼントをかかえて
恋人がサンタクロース
寒そうにサンタクロース 雪の街から来る

恋人がサンタクロース
本当はサンタクロース つむじ風追い越して
恋人がサンタクロース
背の高いサンタクロース 私の家に来る

恋人がサンタクロース
本当はサンタクロース プレゼントをかかえて
恋人がサンタクロース
寒そうにサンタクロース 雪の街から来る

恋人がサンタクロース
本当はサンタクロース つむじ風追い越して
恋人がサンタクロース
背の高いサンタクロース 私の家に来る

2010年12月14日 (火)

トリップにどっぷり4

T04 OLYMPUS TRIP35

冬にそろそろトリップです。

春から始まった「トリップにどっぷり」シリーズも冬に入ります。

もうこれが秋の最後かなという一枚。

トリップの写真は予想を裏切るところが面白いところです。

とってもよく写ります。

ピントの合わせ方は以前にも記事で書いた目測(目で見た感覚の距離)ですが、

目印のマークだけでなく、実はカメラを持ったまま、ちょいとひっくり返して見れば

あらっ!レンズの下側に距離のガイドがあるんですね~。

あとは、距離感だけです!距離感は頑張って鍛えましょー!

T02 OLYMPUS TRIP35

次の「トリップにどっぷり」はたぶんお正月の写真です!

2010年12月 8日 (水)

THE GIRL'S OWN ANNUAL

Img_0246

THE GIRL'S OWN ANNUAL 1903.10~1904.9

先日骨董市で手に入れたTHE GIRL'S OWN PAPERをまとめた年鑑です。

今から106年も前の本ですが1903年、1904年はとても興味深い年です。

今、NHKで放映されている「坂の上の雲」もいよいよ日露戦争に。

それが1904年です。前の年の1903年7月は第1回ツールドフランスが開催され

自転車乗りには大変重要な年です。1903年12月にはアメリカでライト兄弟が

飛行機の初飛行に成功しています。

その頃に発行されていた、イギリスの女子のためのTHE GIRL'S OWN PAPER

それをまとめて年鑑にしたものがこの本です。

アールヌーボーの時代を手にとって感じることができる、

デザインをしている者(私)にとっては感動の逸品!

リアルにヘレン・ケラーの記事もあります。

現代に例えると、雑誌で「輝く女性の紹介」記事です。

簡単にこのTHE GIRL'S OWN PAPERを紹介すると、

19世紀英国の代表的な子供向け雑誌。1880年1月、私たち自身の雑誌がほしい、という少女たちの願いが実現し、『ガールズ・オウン・ペーパー』が誕生。少女向け雑誌として階級を問わず人気を誇った、ガールズ・オウン・ペーパー。恋愛・結婚についての読み物や、家事・服飾など生活に関する実用的アドバイス、人生相談などの投書欄等々、ヴィクトリア期の児童、女性文化を感じることができます。

Img_0249

なかなか出会うことができない書物であると思います。

2010年12月 7日 (火)

眼の向け方によっては

Dsc_0744 Nikon D40+ NIKKOR S.C Auto 50mm F1.4

今日は花と工場の写真。

花はキレイですね!しかし、キレイと感じる心のユトリと豊かさのウラ、

産業を支えている工場があればこそ、現代の豊かな暮らしがおくれるのですが

環境のことはやはり気になってまいります。

時々地域の環境活動にも参加していますが、

路上に落ちている、いや、落ちた、いえ、落とした、ゴミの多いこと。

「ゴミ」とは大変悲しい「名前」が付いていますが、元は地球の一部なんですね。

地球外から来たわけじゃありません。

できることなら、気化せずにリサイクルできること、地球の一部として

戻せることができればいいですね。

Dsc_0719 Nikon D40+ NIKKOR S.C Auto 50mm F1.4

生産現場も今は大変頑張って環境のことを考えています。

地球に暮らす一人の人としても、

事務所や、部屋、家にいくつもあるゴミ(ゴミではない資源に失礼sweat02)箱を一つにして、

できるだけゴミを出さず、資源の仕分けをしてはどうでしょう。

2010年12月 2日 (木)

あっちも、こっちも「ワンッ」

Dsc_0747 Nikon D40+NIKKOR SC Auto 50mm F1.4

Dsc_0761 Nikon D40+NIKKOR SC Auto 50mm F1.4

Dsc_0770 Nikon D40+NIKKOR SC Auto 50mm F1.4

同居中のワンちゃん3匹なんですが、みんな「ワン!」というコミュニケーション。

犬種が違っても、みな「ワン!」です・・・・。

ワンという言葉を聞いていると笑ってしまいますが、ワンちゃんたちは

一生懸命伝えようとしていますね!

ちゃんと聞いてあげなければなりません!

ドラえもんの「翻訳こんにゃく」あればいいですね~!

フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 03/2009

Illustrator

お世話になっています

DIDE facebookpage

TOSHIHIKO KAWAMURA facebook

長府金屋町 誌絵菜