« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

そろそろEFです

Dsc_0644 Canon EF

珍しいEFですが、何の問題なく動いております。

よく言われているバッテリー食いは電源のON/OFFに気をつければ問題ありません。

もう1年以上も電池の消耗は見受けられません。

他に気をつけると言えば、背面の左上(ファインダー窓の左側)に

専用ストロボを使用する場合のキャッツ切り替えダイヤルをNORMALに

しておけば大丈夫でしょう。(ふだん触る必要はありません!)

カメラ背面にはシャッターレバーの下にON/OFFスイッチがあります。

このスイッチをONにすると通電し、同時にシャッター巻上げレバーが手前に

飛び出してきます。この動き、素敵ですね~!

OFFにするとレバーも格納できます。さすがに格納時は指でチョイ押しします。

他に、このEFだけの機能でしょうが、フィルムを入れてカウンター1枚目の

撮影準備まで一気に3回ほどシャッターを切らずとも巻き上げができます。

MAMIYA RZ67などの中判カメラのカウンターも同じように最初の撮影準備まで

巻き上げることができますが、それを連想させる何ともいえない感触です。

どんな構造になっているのでしょうか?

Canonの一眼の中ではフィルムの巻上げ感は良いほうではないでしょうか。

ファインダーの情報も下側にシャッタースピード、右側に露出メーター針と絞り値があります。

面白いのは下のシャッタースピード情報と右の露出情報の先に背景が見えること。

これは情報プレートがファインダースクリーンにONされているからなのでしょうけど、

このシャッタースピード情報の先の背景まで考えて構図を読み取らないと

出来上がった写真は、なんとなく下と右に変な空きがあるトリミングになってしまいます。

絞りをオートにしたシャッタースピード優先の撮影ができますが、フルマニュアルに

すると露出メーターの針が示す絞り値の数字が、適正露出ということでその数値に

絞りリングを合わせ、あとは狙う表現により絞りの調整をすることになります。

この、露出情報の読み取り → 絞りを合わせる → 撮影

というめんどくささがたまりませんね!

確認のため絞りリングに目をやると肝心なシャッターチャンスを逃してしまうかも。

そこは経験を積み重ねましょう~。

Canon AE-1 PROGRAMもフルマニュアルでは同じ手法で絞りを合わせます。

こちらは数字が光って知らせます。

追記1

Canon EF、AE-1Programのこのマニュアル時の情報読み取りはやはり

けっこうめんどうですよね。この2台を使うときはレンズのリングの絞り値を覚えていたので

そんなに不便とは感じなかったのですが、後にF1を手に入れてからは

そのファインダーの情報と使いやすさにガツンときました。

なぜ早くF1を手に入れなかったのか!と。

今ではF1、NEW F1も手に入れやすくなっていますので

マニュアルカメラでも写真を撮りたい方々、

ぜひCanonのフラッグシップの圧倒的な機能を感じてみてください。

Img_0217 Canon F1n

追記2

現在、圧倒的に少ないEFですので中古を見つけたら手にとってみるのも

いいでしょう。できればメータが生きているほうが楽しめるでしょう。

モータードライブ、パワーワインダー等は装着できませんが、

カメラ本来のオリジナルスタイルで旧F1の雰囲気に非常に近い

Canonの個性の逸品だと思います。

F1といえば1969年に打ち上げられた、アポロ11号のサターンVロケットエンジンを

F1ロケットエンジンと言います。巨大なロケットエンジンで5機合計で

1億6000万馬力。およそ3000トンのロケットを飛ばすにはこれだけの推力が

必要だったわけですね。今のスペースシャトルはその半分くらいの大きさです。

アメリカの国家プロジェクトでしたからね。すごい。

どの世界でも、F1という名に夢と技術と挑戦と信頼を重ねてしまいます。

2010年11月26日 (金)

橋と紅葉

Dsc_0617

小さな橋の横から美しい紅葉が見られます。

ここは下関市長府の壇具川。

ちょっとの時間にすれ違う人や車などの動きも、美しく、楽しく思えます。

Dsc_0618

Dsc_0624

Dsc_0628

Dsc_0612 Nikon D40+Ai Micro NIKKOR 55mm F2.8S

今年は土日を外して来たのですが、たくさんの人でいっぱいでした。

カメラを数台持って行くとだめですね~!落ち着かない。

これという1台と1本で集中しなくては、大事なものを見ていない気がする。

学生時代の方がお金が無いので、1台1本しか持っていないので

欲張りや雑念が無くてよかったですね~。

余計なものは持つべきじゃありません。

2010年11月16日 (火)

米子~境港~出雲 その3

Dsc_0503 大社へと続く参道

午後の光はなんともやわらかく美しいですね。

普段自分の足音を意識することはありませんが、

砂利を踏みながら一歩一歩進む音は、自分と自然の関係を感じることができます。

動けば音がする。当たり前ですが、人が動くからには何らかの変化はあって当然。

変化を恐れるな、変化を聞き、変化に対応しろ・・・。

まあ、神聖な場所にいると何かを感じ取ろうとするいつもの思考です。

Dsc_0506

大国主命がおられました!

大きな背中です。

さて、手を清め拝殿へ。

Dsc_0510

この大しめ縄は周囲4m、長さ8m、重さ1.5トンもあります。

参拝は一般的な二拝二拍手一拝ではなく、

出雲大社では二拝四拍手一拝で拝礼をするそうです。

Dsc_0527

拝む姿は美しいですね。

隣の神楽殿に行ってみましょう。

Dsc_0545

こちらの大しめ縄は長さ13m、重さ5トン。

しめ縄に硬貨を投げ入れている方がたくさんいます。

入れば縁起が良いそうです。

(○回目で入ったから、○人目の人と縁があるheart)という声が

聞こえてまいりました!

Dsc_0539

硬貨が飛んでいます。

そろそろお腹が空きましたので、出雲そばを食べにまいります。

あっ、

写真を撮るのを忘れて出雲そばを食べておりました!

14時。

因幡の白兎じゃなく、脱兎のごとく帰路へ・・・。

国道9号線をまず江津を目指して、浜田自動車道~中国自動車道へ。

あとはひたすら走る旅でした。

おしまい。

※写真はすべてNikon D40+Micro NIKKOR 55mm F2.8S

2010年11月15日 (月)

米子~境港~出雲 その2

Dsc_0415

水木しげるロードを逆から行ってますので

最初に見た妖怪がこのダルマ!

逆からでも歓迎されております。

Dsc_0419_2

いきなりこれはテレビの取材で見た「目玉の饅頭」っ!

目玉饅頭を串に刺して、自分の目にあてて遊んでいる観光客でいっぱいです。

この目玉は生ものですので早く食わねばなりませんっ。

Dsc_0428

看板で遊べるっ!っていうのはグラフィックデザイナーにとっては天国ですね。

水木先生いわく「妖怪で遊んでください」 さすがっ。

Dsc_0453

目玉おやじ特集な感じですが、これから行かれる方々のために

お楽しみはとっておいて、

写真は目玉おやじだけにしておきましょう!

茶碗がお風呂ですから、何ともエコ。

Dsc_0443 レトロないい感じのお店

さて、

もっとゆっくりしたいところでしたが、11時に出雲へ向かって出発。

出雲そばと出雲大社が待ってます。

Dsc_0487

米子方面へは戻らず、美保湾をまわるルートでまず松江まで目指します。

松江は素敵なところですね。今度はぜひ松江だけで楽しみたいくらい

町も美しく、鳥たちが沢山いるところです。

Dsc_0494

薄っすらと、もやのかかった湖畔です。遠くに水鳥たちが静かに休んでいます。

公園もとてもきれいな町です。

今度は松江をゆっくり楽しみたい気持ちになりました。

さて、目標の出雲へはちょうどお昼に着きたいところ。

国道431号を松江から出雲へ。この国道で出雲そばのお店を探したのですが

出雲に着くまでありませんでした。

12時過ぎに出雲に到着。

お昼ですので、出雲大社周辺のそば屋さんはどこも行列です。

先に御参りに行きます。

Dsc_0502 大社への参道

いよいよ出雲大社へ。もちろん初めてでございます。

つづく

米子~境港~出雲 その1

Dsc_0386 米子駅

米子、境港、出雲へ行ってまいりました。

遠いとは思っていましたが、ほんと遠い!

2日間で894km走りました。

Dsc_0391 米子市内から境港へ

境港は今、ゲゲゲの人気で人が多いと思い、

朝早めに向かうことにいたしました。

テレビの取材でよく見るようになったのでどんな港町でしょう。

Dsc_0397 水木先生のご実家

Sakai_minato

目の前に海が広がってとてもいい環境です。

とても大きな木があるのが印象的です。木にもチカラを感じます。

Dsc_0401

素敵な環境が水木少年を育てたのですね。

水木ロードがある駅前まではちょっと距離がありますが

町の裏の雰囲気が情緒があっていいですね。

Dsc_0405 町の中

Dsc_0406 水木ロード方向

さあ、水木ロードへ行ってみましょう!

普通の観光客とはアプローチが逆になってしまいました!

アーケード、商店街の先に境港駅があります。

つづく

2010年11月10日 (水)

display

New_f1 Canon NEW F1+NEW FD 50mm F1.2

何だか秋の紅葉を飛び越えてクリスマスの雰囲気です。

そのクリスマスも飛び越えて、そろそろ年賀状の絵を考えなければ・・・!

いつもギリギリなんですけど、今回はもう、いい感じの写真が撮れてます!

写真のカメラはキヤノンのニューF1です。F1.2の開放でこんな感じに写ります。

春夏はデジタルが多く、秋冬はフィルムが多いのはなぜでしょう。

2010年11月 9日 (火)

今日の落葉

Ochiba

事務所の階段に落ちていた紅葉。

風が強い一日ですが、今日の寒さは冬を予感させます。

右端の葉は、まだ枝についていたかったのでしょうが、

今日の風で飛ばされたんでしょう。

葉には少し水分がありました。

一枚の葉を見ても、そんなこと考える秋ですねー。

フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 03/2009

Illustrator

お世話になっています

DIDE facebookpage

TOSHIHIKO KAWAMURA facebook

長府金屋町 誌絵菜