« 2010年5月 | メイン | 2010年7月 »

2010年6月29日 (火)

梅雨を乗りきりましょう

Dsc_2087 Nikon D300+Ai NIKKOR ED 180mm F2.8S

この梅雨時期のカメラやレンズの保管はどうしてますか?

気を抜いてたら一気にカビにやられてしまいますよ。

カメラバッグや気密性の無いケースでの保管は危険です。

専用のドライケースや保管庫があれば言うことなしですが、

お金をかけずに保管する方法はないものかと思い実施している

方法ですが、既に6年はこの方法で保管しています。

用意する物は、

●カメラ、レンズが余裕で入る発泡ケース(ホームセンターなどにあります)

●水分を吸収するドライシート(水分を吸収するとジェル状になる市販のシートセット)

●梱包に使うプチプチ(発泡ケースの内部の底に敷きます。その下にドライシートを数枚)

※ドライシートは機材の大切度で増やしては!

機材が多いと重箱のように数段になってしまいますが、同じサイズの発泡ケースですと

うまく収納できます。このまま押入れの奥などには入れないほうがいいかもしれませんが

時々チェックできる場所でしたら湿気もこもらずにいいのではと思います。

ゼロハリーバートンのケースにもレンズを数本保管してますが、

サスガ湿気を寄せ付けません。しかし、ゼロハリの重箱はとても築けないでしょう。

アイスクリームのデリバリー用の発泡ケースに現在D300が収まっています!

ちょうどいい大きさです!

2010年6月25日 (金)

ゴールのために起きてました

Dsc_0088 NikonD40+Ai Micro NIKKOR 105mm F4

非常に眠いです・・・。

3時30分からのサッカーワールドカップ、日本・デンマーク戦のために

映画を2本見てそのまま試合を観戦!

リアルで日本のゴール3本見ました!

勝ってよかったですね!次も応援いたしますsoccer

2010年6月21日 (月)

嫁ぎ先

Dsc_2068 Nikon D300+Ai NIKKOR 180mm F2.8S

このレンズで星を撮影されている方が大勢いらっしゃいます。

わかる気がします。

星は双眼鏡で覗くのが楽しくてしかたありませんが

冬にちょっと挑戦してみましょう!

レンズも嫁ぎ先でご主人の趣味に付き合わされてますね・・・・

「もっと私の魅力を引き出してョ~」

Dsc_2105

待ってなさい!もうすぐ室内競技があるので大活躍です。

Nikon D300+Ai NIKKOR 180mm F2.8S

2010年6月17日 (木)

Mojiko_21:00

Dsc_1979 Nikon D300+Ai NIKKOR ED 180mm F2.8S

九州と本州を結ぶラインは現在JRの新幹線、在来線、関門国道トンネル、

関門橋(関門海峡をまたぐ高速道路の橋)、人道(無料で人と自転車が通行できる)、

北九州(日明・ヒアガリと読む)~下関(彦島)間を結ぶフェリー、

そして門司港~下関(唐戸・カラトと読む)間を結ぶ連絡船がある。

1958年3月9日総工費約57億円をかけて関門国道トンネルが完成した。

そして、1973年に関門橋が開通する。

それまでは、下関の風景も源平の合戦、維新の下関戦争当時と

そう変わりない風景だったのだろう。

ブルーグレイの関門橋のシルエットも夜は光る2本のパールネックレス

をかけたようで日本の吊り橋としては既に小さく感じられるけれども、

この九州と本州を結ぶトンネルと橋の2本のラインの交通量は凄まじいものがある。

たまにはゆっくりと連絡船に乗ってみれば、違う風景を見ることが

できるかもしれない。

2010年6月15日 (火)

梅雨時に

Img_0079

梅雨時にぴったりのアルバムです。

これはカーペンターズのカレンのソロアルバムです。

このアルバムは幻と言われてました。

録音は1979年5月~80年3月。

本来なら1980年3月の完成とともにリリースされる予定でしたが、

カレン自身が発表を断念し、のち、カレンは1983年2月4日に死去。

表に出ることなく眠っていた曲を1996年9月にリリースしたものです。

彼女の音楽的挑戦であったこのソロアルバム・・・

ちょっと違ったカレン・カーペンターを聴いてみては。

Dsc_0041

2010年6月11日 (金)

井上雄彦氏の最後の漫画展

Dsc_0185 Nikon D40+Ai Micro NIKKOR 105mm F4

最近、無心になれるときがありませんね。

熊本で開催されていた井上雄彦氏の「最後の漫画展」熊本版に行ったとき

手拭いを買いました。

「本当に強い者とは何か、本当に強くなったときにわかる」

と書いてありました。

ストーリーにも柳生がでてきますが、

柳生新陰流の奥義に「無形の位」があります。

形を重んじる流派との違いがここにあるのですが、

簡単に言えば、「形は臨機応変に対応できない」とのこと。

形を完成させた上で、形を無とし、

臨機応変に体が動くようになりたいですね。

できるでしょうか。

Dsc_0143 Nikon D40+Ai Micro NIKKOR 105mm F4

2010年6月10日 (木)

時間よ・・・

Dsc_0122 Nikon D40 + Ai Micro NIKKOR 105mm F4

19:30-20:00

日没後のこの短い時間がちょっと好きな時間です。

限られた時間だからこそ何かを見つけたくなる。

Dsc_0115

時間をどう使うかはそれぞれだけれども

忙しいとき、自分のポケットにある時間(自分の時間)までも

仕事に使っていた時期があって、やがて自分が無くなっていることに気付く。

自分のポケットは自分のために取っておくようにしたい。

まあ、イザとなればそのポケットを使えるが!

Dsc_0138

徹夜ってことか・・・?

Nikon D40 + Ai Micro NIKKOR 105mm F4

2010年6月 1日 (火)

構成してみる

F2_0530 Nikon F2 Ai NIKKOR 35mm F2.8

ランダムに積まれたようでも、そこには意味があるようで、

意図的にランダムな美しさを狙っても

なかなか納得のいく構成ができないものです。

今、田植えシーズンなので、よく目にするのは棚田に水が張られた

美しい写真。美しく見えるのはランダムに見える、開拓された水田の鏡で、

でもランダムに見えるが、そこは取水と水まわりが計算されたものです。

植物も無造作に生えているようですが、真上からよく見ると一定間隔で葉が90度

交互に生えています。光を多くキャッチするための進化でしょうが

隣にも邪魔にならない!とも思えますね!

植物も喧嘩してるんでしょうかね?

人工的なもの、自然のもの、構成の奥は深いものです。

ハウルの動く城・・・・ハウルの寝てる穴に続く壁一面のいろんなアクセ、

キラキラもの、縁起物!、へんなもの!あの空間、好きです!

フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 03/2009

Illustrator

お世話になっています

DIDE facebookpage

TOSHIHIKO KAWAMURA facebook

長府金屋町 誌絵菜