« コンパクトの元祖 | メイン | Canon EF »

2009年11月27日 (金)

EFのテストは続く

ここ最近ずっとカメラのテストをしてました。

デジタルはすぐに結果が見えるのですが、

フィルムはなかなか時間がかかる!

結果を見て、更なるテストをしてみれば

いつのまにか1週間、2週間・・・

開発途中の部員みたいな状況ですね。

何をテストしていたかというと、いろんな方が

ブログやページで書いている異端児的存在の

キヤノンEFですね。

この後ヒットするAE-1の開発途中でもあり、

AE時代に入る橋渡し的存在ですが

潜在能力はありますね。異端児と言われる理由は

操作の使いやすさと使いにくさが存在し、機能的にも

機械と電子のハイブリッドだからなのでしょうけど、

様々な使い方のカメラが存在する中では、

確かに使いにくいカメラかもしれませんが、

そこが面白いと私は思います。

電源である当時のMR-9(水銀電池)は

今は当然ありませんから、

電圧とサイズを合わせるアダプターが必要ですが、

これが高い!それも二つも使う。

テスト経過の写真ではありますが、

クラシックカメラを考えるご参考に。・・・

いつまでテストが続くのかな?

追記:どうも電池の電圧の関係で露出が

微妙にブレるのを感じる。

Canon_ef_fd50mm_14_test01

Canon_ef_fd50mm_14_test02 

Canon EF FD 35-70mm F2.8-3.5 SSC

フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 03/2009

Illustrator

お世話になっています

DIDE facebookpage

TOSHIHIKO KAWAMURA facebook

長府金屋町 誌絵菜