« 2009年7月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月27日 (金)

EFのテストは続く

ここ最近ずっとカメラのテストをしてました。

デジタルはすぐに結果が見えるのですが、

フィルムはなかなか時間がかかる!

結果を見て、更なるテストをしてみれば

いつのまにか1週間、2週間・・・

開発途中の部員みたいな状況ですね。

何をテストしていたかというと、いろんな方が

ブログやページで書いている異端児的存在の

キヤノンEFですね。

この後ヒットするAE-1の開発途中でもあり、

AE時代に入る橋渡し的存在ですが

潜在能力はありますね。異端児と言われる理由は

操作の使いやすさと使いにくさが存在し、機能的にも

機械と電子のハイブリッドだからなのでしょうけど、

様々な使い方のカメラが存在する中では、

確かに使いにくいカメラかもしれませんが、

そこが面白いと私は思います。

電源である当時のMR-9(水銀電池)は

今は当然ありませんから、

電圧とサイズを合わせるアダプターが必要ですが、

これが高い!それも二つも使う。

テスト経過の写真ではありますが、

クラシックカメラを考えるご参考に。・・・

いつまでテストが続くのかな?

追記:どうも電池の電圧の関係で露出が

微妙にブレるのを感じる。

Canon_ef_fd50mm_14_test01

Canon_ef_fd50mm_14_test02 

Canon EF FD 35-70mm F2.8-3.5 SSC

2009年11月20日 (金)

コンパクトの元祖

Canonet_1

Canonet_2

Canonet_3

キヤノンのコンパクトカメラ元祖「キャノネット」

1961年発売のカメラで、レンズのまわりにあるトンボの

眼みたいな窓がセレン光電池への明かりをとる窓です。

セレン光電池は太陽の光、他光源があれば発電する

エコな電池。電池の開発が遅れていたことがこれを生み

出したのでしょうね。

なかなかいいデザインのコンパクトカメラです。もちろん

フィルムカメラ。

このカメラがさらに変わっていることは、上部には

シャッターボタンしかなく、フィルムを巻き上げるレバーは

トリガーと言って底部にあります。

爆発的ヒットをとばしたカメラです。

↓下の写真はキャノネットで撮影したものです。

Canonet_test

2009年11月11日 (水)

ルパンのモミアゲがなかった

昨日の記憶スケッチ

なにか変!と思ったらモミアゲがなかったcoldsweats01

記憶って、そんなもんですねー。

以前、通販生活の特集でナンシー関さんの

「記憶スケッチ」が面白くてよく見てました。

「とても生き物には見えない」sweat02と辛口のコメントでしたが

みんな気合入れて描いてましたねー。

あの特集の大特集が見てみたい。

2009年11月10日 (火)

記憶スケッチー

Lupan

記憶ってこんなもんですねーhappy01

とくにドラえもんなんか青い風呂敷カブッた

ドロボウにしかなりませんsweat02

たまには記憶で絵を描いて笑われてください。

私のルパンはやっぱグリーン鮭(ジャケ)run

時間は変わらず過ぎる

昨夜仕事の区切りをつけたのが深夜2時前

そして予定の午前11時の目標に向けて、

朝また8時30分から仕事を開始。

寝る前に仕事の進行をシュミレーションを

するのだけれどレイアウトから攻めるか、

画像の加工から攻めるか

昨夜は画像加工からと決めていた流れから、

今日朝にレイアウトから攻めることに変更をした。

今日だけ、時間はゆっくり進むわけでもなく

今日もまた時間は変わらず進み続ける。

常に時間を読むことを意識していれば、

あとは経験がよい方向を選択をするだろう。

結果は11時に間に合った!

またひとつ、経験からの判断のスイッチが

増えたということかな。

時間に限らず、何でも言える。

本日終了

2008ss

明日の仕事の時間が読めてきたので

このあたりで帰ろうhorse

さっきラジオで流星群がまた見れるそうだとか。

11月17日あたりだそうな。

あっ、寝たらすぐ朝がきそうなのでもう帰ろう!

2009年11月 9日 (月)

今日はまだ仕事じゃ~

Blackline

ブログが息抜きになるのか、とりあえず休憩

今日は残業という方々頑張りましょうhappy02

コンパクトデジカメはカメラのクセを利用します!

Green

絵を描くつもりがカメラを持つとつい撮影sweat02

今日はコンパクトデジカメのことです。

写真は、いろんな写真を見たりして、

あんな風に撮りたいとか雑誌を見てあんな感じに

撮りたいとかいろいろ思いますよね。

最近はオーガニックな感じのユルイ写真、

アンティーク系、リネン系、ガールズフォト系など

表現もいろいろ。

デジカメだからこそ何度も挑戦してみるのも

いいでしょうね!

最近ではコンパクトなデジカメでもシーンなどに

合わせたプログラムがかなりセットされていて、

私が思うに、逆に使いこなすのに大変なことに

なってます。

プロの経験がプログラミングされているのですが

逆にコンパクトなのに使い方が重いhappy02

コンパクトはシャッタースピードもそんなに

選べませんから私の場合、露出がマニュアルの

セットのみで、他はほとんど自動ですね。

ホワイトバランスもオートで、

ほとんどオートフォーカスのクセを考えて

狙ったフォーカスのみ注意して見てます。

一眼のデジタルになればフォーカスの

マニュアルもできますがコンパクトで写真を

楽しみたい時や、コンパクトしか持ってない人も

いますので写真が嫌にならず自分の感じたように、

撮りたいように何度も撮ってみるのが

いいでしょうねhappy01今回はIXYデジタルです。

Fuyo

Red

2009年11月 5日 (木)

またもテストの写真です

Canon_ftb_nfd50f14ssc

前回のcanon FD50mm F1.4に続いてボディを

canon FTb-Nに変えレンズを

canon FD50mm F1.4 sscで撮影。

レンズの違いはsscのネームが入ったものでこれは

レンズのコーティングの違いでしょうか。

こちらも明るいレンズなので室内でも十分撮れますね。

ボディのFTb-Nは1973年発売のもので露出の測光に

電池は使いますがその他の部分は機械ですね。

レンズは小さいといっても今のレンズに比べ

やはり金属ですので合わせれば重量は1kgを余裕で

超えますsweat02

ずっとこんなカメラばかり使っているので

スナップ用のIXYがフワフワ!しますね!これはこれで

楽しい写真が撮れますが!

カメラのボディもレンズも性格があるので

時々今回みたいに確認して撮影にソレ行けです。

写真ばかりに傾いてもいけないので、

そろそろ、今度は絵を描かなくては・・・

Lh01

2009年11月 2日 (月)

Canon FD 50mm F1.4

Milk

Canon FD 50mm F1.4をひとつ手に入れたのでちょっと

撮ってみました。明るいレンズですねー。

今から30年以上前のレンズですが程度のいいものを

探して使うと、とてもいい雰囲気のボケみでデジタルとは

違う温かみが出ます。

クラシックなマニュアルカメラを使うことは最近少なくなって

きましたが現像・プリントが仕上がるまでの楽しみと、

フィルムなので限定されたカット数だからこそ

大切に撮りますね。

Hana02

フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 03/2009

Illustrator

お世話になっています

DIDE facebookpage

TOSHIHIKO KAWAMURA facebook

長府金屋町 誌絵菜