2018年12月14日 (金)

動物園のデザイン

Design_of_the_zoo_2

動物のいる環境をデザインするということは・・・・

あらためてデザインという言葉の意味をとらえる

それは「計画・立案」とある

現在のビジネスにおいて「デザイン思考」を取り入れる、など

新たな切口としてデザインを重視した製品開発や見直しが多くの現場で

すすめられている。

さて、では動物のいる環境をデザインするとなった場合である。

まず想像できる動物のいる環境とは「動物園」「水族館」「ペットショップ」

そして次に想像できるのが、動物を見る人へのデザイン。

動線であったり、植物との調和、見やすい工夫、楽しい演出、休憩スペース、

建築、インテリア、グラフォック、全てのデザインアイデアを使って

動物のいる環境が作られる。

これって、動物たちは過ごしやすいの?

ここで、動物たちのための環境をデザインすることが始まる。

Dsc09066

しかし、デザイナーにとって大きな壁がある

商業デザインにおいては、デザインアイデアのベースとなるものは

マーケティングデータ、好み、流行、イメージ、ブランドイメージ、

コンセプトのセッティングなど具体的なエレメントからデザインプランに

進む事ができるが、動物のための環境をデザインするエレメントとは

20166059

動物に関して科学的な知識と経験が必要である

こんなサル山をデザインしたらきっと楽しく遊ぶだろう。

こんな水辺を作ったら気持ちよく過ごせるだろう。

こんな立体空間を作ったら元気に動き出すだろう。

考えたら当然である。無知なデザイナーが作ったものが通用するはずがない。

じゃあ、サルに聞くか?

話せたらそれは重要なアイデアを引き出せるだろう。

デザイナーにも多くの動物に関しての専門的な知識が無いと

動物のための空間デザインはできないということがわかる。

20166147

専門家と協力してデザインする

野生の生息域に移住して体験学習する。それも可能かもしれないが

アイデアをデザインし、カタチにするデザイナーには

そんな余裕はない。

可能性としては専門家と共同でデザインすること。

これらは既に様々な専門分野においてデザイナーの関わり方として

デザイン思考とは別の動きでデザインによる問題解決を

専門分野ではすすめている。

動物のいる環境もいよいよデザイナーが必要となってきている。

Rimg1610

もっと早くから動物専門のデザイン教育をする

動物専門学校も今日多く開校されている。

その科目に動物環境デザインは存在するだろうか。

動物飼育を体験する年齢で既に動物のいる環境デザインについて

学んで、未来のデザイナーたちが将来、世界から注目される日本の

高水準な動物環境デザインによる動物園が誕生してもいいと思う。

その推進ができるのが国立動物園という機構なのかもしれない。

12b63e47383040218f0eee9fbb769a73

80e41aa083a348e1a4aa69835b6e7a37

2018年12月11日 (火)

WORKS

福岡・北九州・下関・山口近郊でデザイン、ディレクション、

イメージ制作をおこなっているデザイン事務所です。

プロモーションとギャラリーの長屋 誌絵菜も運営しています。

DIDE ディアイディイー

代表 河村敏彦 (プロフィールをダウンロード

クリエイティブディレクター、グラフィックデザイナー

山口県下関市長府金屋町6−2

TEL&FAX.083-245-0087

デザインって何でしょう。

デザインはいろんな願いが込められた夢への始まりであり、

カケラだと思います。

その一片のカケラが、人を幸せにしたり、企業を元気にさせたり、

社会を明るくさせたりします。

素敵な何かを生むチカラ・・・デザイン。

誰もが持っているチカラ・・・デザイン。

誰もが持っているチカラだからこそ、誰もが受け入れ、

感じられるものだと思います。

特別な誰かのものじゃありません。

さあ、デザインしてみましょう。

W11

season image  direction

W09

spring

W08

summer

W10

autumn&winter

W06

spring

W05

summer

W04

2004 - 2009 izutsuya season image design,direction

W19

edition & design,direction

W14_2

sale image & design,direction

W18

campaign logo & design,direction

Kitakyushu_sweets_fes_logo

campaign logo design,direction

W16

direction toshihiko kawamura

Flower Design mika matsuishi:rosette mika matsuishi

W17

design,direction

W02

design,direction

W20

illustration

Tennyo1

illustration

Bus_machi illustration

2012ss_h1_h4

2012 spring,summer

2012aw_h1_h4_x

2012 autumn,winter

2012_sweetfes_poster_a2_d_2

2012 design,direction

2012_11_ixc

2012_ixc_aki_d3_04_05_1106

Izutsuya & Colet 2012winter free paper

Wakato_bridge_50th

2012 wakato bridge 50th photo album design,direction

Sayagatani_school

2012 sayagatani school color concept

2013_0309_unsourire_open_2

2013 unsourire open design,direction

Chie_2013_0221_mini

2013 unsourire illustration 

Culcul_2013_10_2

CulCul 2013.5>2014>2015>2016>2017 design,photo,direction

Yume_tokyo_dm_2014_06_7x

2014 yumeori DM 

2014_yumeori_tiziana_a4__omote

2014_10 design direction

Adwall_wide_2015_0211xxx

2015_3 direction kitakyushu monorail media guide

Yume_fukuoka2010_07_02

shop image

Monosugoka_omote_2

2015 kitakyushu monorail monosugoca guide

Kanda_shift_2_2

2015 kanda city campaign

Umabuchi_2016_oza 2016 umabuchi mojiko event curry ohza

Monorail_999_ticket_0315_2

2017 kitakyushu monorail 999 ticket

Muhoho_illust_0221 2017 illustration event produce

Img_3190

2017 itozu zoo original bento produce

Img_4034

2017 Izutsuya Kurosaki display

2018_03_04_0214_out

2018 kitakyushu monorail guide

_2018_seika_ss_00_00_xb_x

_2018_seika_ss_05_06_xxxx

2018 Izutsuya seika_kai 

Ikadai_igaku_hyo1_out

Idai_digest_omote_2019

2018 University of Occupational and Environmental Health, Japan_2019 guide 

 


2018年11月20日 (火)

QUEEN

QUEENの映画が話題になっています。高校時代にリアルにQUEENを聴いて、この当時は様々な音楽が派生していたように感じます。その中でも70年代のブリティッシュロック界に正に君臨していたのがQUEENでその音楽はストーリーとメロディー、ヴォーカルのエネルギーとドラムスのウェーブ、ギター&ベースのスピードとストームに溢れています。個人的に好きな曲は「39」「ONE VISION」「HEADLONG」ですね。特に好きな理由があるとすれば、ヴォーカルのフレディ・マーキュリーはグラフィックデザイナーだったんですね。QUEENのバンドの紋章マークは彼のデザインです。秀逸です。映画「ボミアン・ラプソディ」見に行かなくては!ぜんぜん関係ない絵ですが70年代と言えばメーテル!いや、エメラルダスのほうがQUEENにふさわしいですね。

2018_1119

2018年8月29日 (水)

長い夏休み

8月のはじめ、作業中に川に転落して右腕を骨折。デザインでは死なないけど、農業では死ぬ場合があるので注意はしていましたが、それは突然にやってきました。足下が見渡せない状況での川周辺は危ないですね。蔓にからまり、フワッと体勢が崩れたら陸の方でなく、川の方向に転落です。運良く頭や背中、腰などは全く打撲などはなく、ただこの猛暑の連続で川の水位は20cmほどのところに転落したもので、手を着いたところに全体重がかかったのでしょう、肘付近の尺骨、橈骨の2本を骨折。骨折と分かったのは腕がありえぬ方向に曲がっていたからですね。落ち着いて立ち上がって、ゆっくり元の手の向きに自分で戻しました。戻すのには注意が必要ですね。肘あたりには重要な神経や筋肉、腱などが集中しています。事故での骨折は折れた骨が外に突き出す、などの様々な状況なりますが、私の場合はキレイな折れ方だったのかもしれません。たまたま、ある医大の医学部の仕事をしていましたので、体に関してあるていど知識が集まりだしていたのも運が良かったのかも。自分で正しい位置に戻して、右手や指の動きを確認したら、問題なく動きます。これはいける!と感じました。その後、川からの脱出を考えるわけですが、川の護岸はコンクリートで垂直、2.5m以上はあって川の草やその他の隆起で1.5mほどの高さになっている場所を見つけました。この時、携帯は近くの車に置いていました。これも良かったのか、持って作業していたら転落で濡れていたり、破損の場合があったかもしれません。周りに作業の方はなく1人での作業のときにこういう事故は起こるもんです。1回勝負と思っていた川からの脱出に成功して自分で救急を呼びました。この後、少々長い30年ぶりにしかっり夏休みを病院でいただくことになりました。20代半ばから夏はフェスや祭り、その他イベントでほとんど夏を感じる事無く終わっていましたが、手術後はゆっくりリハビリの夏休みです。8月31日に退院となります!ここからは入院中の写真です。ファインダーまで手を近づけられませんのでオートフォーカスと任意のフォーカス点で撮影していますが、その後左手だけでファインダー撮影する方法も会得!薬指でシャッターを押すという難技も出来るようになりました。今はタテ位置ならばファインダー撮影できるほどに腕の曲がりも徐々に回復。9月からはリハビリの外来通院です。目標は普通にファインダー撮影ができるように。これができれば普段の生活も普通にできるまで回復しているでしょう。まだまだ長そうですが頑張ります。

Dsc_0294

Dsc_0318

Dsc_0334

Dsc_0365

Dsc_0385

Dsc_0408

Dsc_0431

Dsc_0436

Dsc_0452

Dsc_0463

Dsc_0498

Dsc_0501

Dsc_0508

Dsc_0534

Dsc_0548

Dsc_0560

Dsc_0570

手術の結果が良かったこと、看護師さんたちの励まし、個室のお掃除をしていただいた職員の方々、家族、友人の励まし、目の前の海と空と太陽と夜の月、毎日のご飯、普通だったことが実は特別だったこと。

そう有ることが難しい。

普通は特別なんだと。

有り難う!みなに感謝します。

2018年8月18日 (土)

7月の終わりに小豆島へ

7月の終わりに30年ぶりに小豆島へ行きました。実はこのあと、8月2日に右腕を骨折する事態になってしまうのですが、この写真が骨折前の写真となります。骨折、手術後、リハビリ後の写真はまたアップしていきます。幸い指先の動きは大丈夫ですので、どこまで腕の動きが可能になるか、頑張ります!

Dsc_0048 高松港を出て小豆島へ。前日から高松市に泊まっていましたが、街も素敵で美味しい素材も多く柑橘系のアレンジの多さに驚きです。もちろんうどんはこの時までに3店、このフェリーでもうどんを食べました!

Dsc_0072運行が進むと左に屋島が見えて来ます。下関出身ですので、この屋島は源氏と平家の壇之浦の最終決戦前の戦場です。ここにも壇浦という同じ地名があるのが驚きです。デッキから船内に戻ってうどんを食べます!

Dsc_0100小豆島の土庄港に近づいてきました。高速艇が後を追って来ます。

Dsc_0104 あっという間に追い越されました!そろそろ車に乗車します。フェリーはこのやや緊張感がいいですね。上陸って感じです。

Dsc_0107 上陸して最初に向かうのは井上誠耕園。食事を兼ねてオリーブ商品見学。井上誠耕園が運営しているカフェレストラン忠左衛門に向かいます。

Dsc_0115 小豆島らしい風景にオリーブの木。今からどんどん育つんでしょうね。女子ではないのでレストランの写真、料理の写真は撮っていません!素晴らしいのはオリーブオイルの質とアレンジ、料理の幅を広げる使い方ですね。満足です。ぜひ、カフェレストラン忠左衛門へ。

Dsc_0119 次は小豆島オリーブ園へ。小豆島のオリーブの一番古い木があります。ちょっとオリーブ素材を撮影します!

Dsc_0134

Dsc_0161

Dsc_0173ちなみにカメラはNikon D3300にマニュアルのレンズAi 18mm,f3.5sのみ持っていきました。

Dsc_0176 その他、観光お土産としてオリーブそうめん、オリーブラーメン、オリーブ系いろいろ買って、バタバタと小豆島を出航。3日間は欲しい小豆島でした。骨折が治ったらまた行きたいです。

Dsc_0182 フェリーは岡山港を目指します。下関に着くのは午前0時前でしょう!

Dsc_0192 オリーブとうどんがちょっとの目的の夏の旅でしたが、いい思い出になりました。瀬戸内の夏は芸術活動が盛んですので、ぜひ夏は瀬戸内を巡ってみては。左手だけの文字入力がそろそろ限界です!!

フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 03/2009

Illustrator

お世話になっています

DIDE facebookpage

TOSHIHIKO KAWAMURA facebook

DIDE WORKS

長府金屋町 誌絵菜